妊娠線は予防できる|自信を取り戻すならコレ

ウーマン

辛いトラブルを防ぐために

お腹

マッサージと保湿が重要

妊娠線は、大きくなったお腹に皮膚の伸びが追い付かなくなったときに起きてしまうトラブルです。皮膚がびりびりに避けたような状態は、決して美しい見た目とは言えません。できてから治すのは難しいからこそ、事前のに予防することが重要なポイントとなります。妊娠線の予防として効果的なのは、保湿です。老津やクリームを使って肌に水分と油分を補給しておくことで、バリア機能が高められます。柔らかいお肌は伸びる力も強くなりますから、妊娠線予防にも効果的だと言われています。また同時に、マッサージをして皮膚の血流を良くしておくことも大切です。妊娠中ですから、強く肌をもむ必要はありません。クリームやオイルを手に取り、円を描くように優しくケアしてあげてください。最初はおへそから脇腹の方まで、しっかりとオイルやクリームを広げていきます。その後、下腹部に手をあて、くるくると小さな円を描くようにしてなじませていきましょう。妊娠線が起きやすい部位を、しっかりとケアすることができます。妊娠線を予防するためのマッサージは、妊娠したらできるだけ早い段階から行うのがオススメです。マッサージに使うのはクリームよりもオイルがオススメです。ただしオイルだけでは油分は補給できても、水分不足の状態になりやすいもの。クリームやローションとセットで使うのもオススメです。また妊娠線はお腹だけにできるものと油断していると、太ももや二の腕に表れてショックを受けてしまうこともあります。予防は徹底的に、あらゆる部位を対象に行いましょう。