妊娠線は予防できる|自信を取り戻すならコレ

ウーマン

お腹のひび割れ模様

カップル

出来てしまうその原因とは

妊婦さんの約半数が経験をする妊娠線は出来てしまうとなかなか消えず、跡として残ってしまう場合があります。出産の証と前向きにとらえたいところですが、やはり出来るだけ妊娠線を作りたくないと言う人がほとんどでしょう。そんな妊娠線が出来てしまう原因は肌の柔軟性のなさが原因です。妊娠によりお腹がどんどん大きくなりますが、特に妊娠後期になると目に見えて大きく膨らみお腹が張り裂けそうになってしまいます。そんな時、お腹の皮膚が伸縮性がありしっかりお腹の膨らみに対応する事が出来れば特に問題が無いのですが、伸縮性が無い場合、お腹の肌に奥の真皮部分が張り裂けてしまいまるでひび割れてしまったかの様な跡が残ってしまい大変です。特にこの妊娠線が出来やすい人は、経産婦や双子や三つ子など多産児を妊娠している場合、体重の増えすぎ、乾燥肌の人です。自分がこれらに当てはまると言う人は特に注意しましょう。そんな妊娠線ですが、しっかり予防をすれば心配する事はありません。最近では妊娠線予防クリームが充実しており、様々なメーカーの物を使用する事が出来ます。この予防クリームをお腹が大きくなる前からしっかり使用し、皮膚に潤いを与え皮膚を柔らかくし伸びやすくする事が大切です。保湿成分がたっぷりと含まれており、美肌を作る為のヒアルロン酸やプラセンタ、ヒアルロン酸などが含まれているものもあります。これらを上手に利用して妊娠線を予防し、きれいな肌を作りましょう。