妊娠線は予防できる|自信を取り戻すならコレ

女性
お腹

辛いトラブルを防ぐために

妊娠線の予防は、できるだけ早い段階から保湿とマッサージで行うのがオススメです。おへそからお腹を、円をえがくようにマッサージしていきましょう。オイルタイプの妊娠線予防アイテムは、マッサージをする際にも便利に使えます。

化粧品

リスクが高い時期

妊娠線は、お腹の皮膚が伸ばされ、組織が断裂することで引き起こされます。妊娠後期に起きることが多いですが、早い人は5か月頃から現れるケースがあるので注意してください。予防はできるだけ早い段階からするのがオススメです。

肌にうるおいを与える

クリーム

体重のコントロールも行う

妊娠するとお腹が大きく膨れることはよく知られていますが、急激にお腹は膨らんでいきますので、その膨らみに皮膚がついていけず、肌に亀裂ができてしまい、スイカの模様のような線ができてしまうこともあり、これをいわゆる妊娠線を呼びます。妊娠線は特にお腹にできやすいですが、太ももやバスト、お尻などにもできやすく、一度できてしまうときれいに消すことは困難となりますので、しっかり予防しておくことが大事です。予防方法としては、適正な体重を保つことも大事ですので指導された適正体重を守るよう心がけましょう。妊娠すると体重は増えるのは当たり前ですが、必要以上に太ってしまうことは美容の面だけではなく健康にも良いことではありません。そして妊娠線を予防するためには皮膚を柔軟に保つことも大事ですので、スキンケアも丁寧に行いましょう。妊娠線の予防には専用の保湿クリームが役立ちますので、入浴後などのお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか。保湿をしっかり行うことで皮膚の柔軟性も高められ妊娠線を防ぐことができます。この時も安全性に優れたクリームを選ぶこと、お腹だけではなく、太ももやヒップ、バスト、二の腕など広範囲に塗っておくことも大事です。量が少なすぎると十分な効果が期待できませんので、たっぷりと塗ることも大事です。使用感の良さも大事ですので、べたつきがないか、強い香りでないかもよく確かめておきたいところです。妊娠中はもちろん出産後の肌のお手入れにも使うことでより肌の回復を早めていくことも期待できます。